「記憶」「忘却」/若手社員の心理学辞典

若手社員にこそ覚えてもらいたい心にからむ重要語句

ホーム  l  このサイトについて  l  サイトマップ  l  お問い合わせ  l  リンク
心理学辞典トップ    心理術トップ    処世術トップ

心の活動そのものの「記憶」と「忘却」

記憶 Memory

概要

見聞きした事や行った経験を保持して体内に留める事。後にそれらを再現して利用する機能。
符号化(記銘)、貯蔵(保持)、検索(想起)の3段階からなるとされています。
(「覚える」「忘れない」「思い出す」といった動詞で表されるものです)

『記憶』 には様々な切り口による分類や意味付けがなされ、概ね以下のような分類がなされています。
1.保持時間の長さ
 「感覚記憶」(数秒以内に消えてしまう感覚)
 「短期記憶」(15〜30秒以内に消えるもの)
 「長期記憶」(ほぼ永久に残るもの)
2.情報の種類
 「自伝的記憶」(日常世界での個人的な出来事の記憶)
 「目撃記憶」(事件や事故等の非日常的な事柄に関する記憶)
 「フラッシュバルブ記憶」(ショッキングな事柄に関する記憶)
 「展望記憶」(未だ実現していない将来に関する記憶)
3.意識のレベル
 「顕在記憶」
 「潜在記憶」
 「メタ記憶」(自分の記憶状態に関する記憶)

取り上げた理由

人の活動の全てを支えるものが 『記憶』です。
未だ解明されていない部分が多いのですが、「心に留めてに忘れずに再利用する」という、一連の記憶活動に対し、かなり大きな影響を与えるものが心(状態・あり方・気持ち)である事は間違いないものとして認識されています。

明確な定義や線引きは非常に難しいものですが、記憶活動は脳(反射的・不随意的に行われる活動もありますが)で行われ、何かを考える事全般を指す「心」の活動も脳で行われます。
記憶=心 と定義付ける人も存在します。
残念ながら、どんなに気をつけていても心にバイアス(歪み・偏り・思い違い)が働く事は避けられず、心で行われる記憶活動にもバイアスが働きます。
人の心が不安定である事と同じく、人の記憶もかなりいい加減なものと言えます。
勝手に改ざんして覚えてしまい、それを思い出す際にも更に改ざんして思い出します。
程度の差はありますが、基本的にあてにしてはならないのが他人の記憶です。

一般的に仕事上の経験が未だ乏しい若手社員にとっては、他人の記憶に頼って仕事をする場面が数多く訪れます。
業務手順や仕事の情報を教えてもらう際に全面的に頼っているのが他人の記憶です。
「他人を信用するな!」といった極端な事ではありませんが、他人の記憶は意外な程にあてにできない事をよく理解し、頼るべきは自分の目や耳で確認をとった情報である事を具体的な確認行動に転化する事で、無用なトラブルが減少するはずです。

忘却 Forgetting

概要

過去に抱いた感情や各種の情報に関して思い出す事や意識することができないこと。
記憶を忘れてしまう(失ってしまう)こと全般を指します。
通常「記憶」は、時間の経過とともに曖昧なものとなり、やがて忘れ去られていく事が当たり前として広く認識されていますが、「忘却」の原因について多くの考えが発表されています。

「減衰説」
 時間の経過とともに次第に消失し、ついには思い出すことができなくなる
「干渉説」
 記憶した際に(記銘)に同時に抱いた感情によって影響を受け、忘却が起こる
「検索失敗説」
 記憶を失ってはいなが、思い出すための手掛かりが無いために思い出せない
「抑圧説」
 不愉快な事柄は自動的に無意識の世界へと押し込められる

取り上げた理由

「物忘れ」や「ど忘れ」は脳の老化現象として捉えられる事が一般的で、仕事上のあまり有り難くない瞬間として認識されています。
仕事を進めていく上で、正確な記憶力は非常に重宝する武器となりますが、記憶力の良さが大きなアダとなる場合があります。

記憶対象に対する興味や関心のレベルに左右される記憶力ですが、一般的に記憶力が良いとされる人は何に対しても高い記憶能力を発揮します。
そんな人は、仕事や勉強、生活に必要な記憶だけではなく、嫌な記憶に対しても高い記憶力を示してしまいます。
仕事や人生を続けていく上では、「上手に忘れる」「フタをして思い出さない」「水に流す」といった、忘却に関する技術が大変重要になります。
『敏感』『繊細』と周囲から言われる人をそう言わしめているのは、高い記憶能力とそこに働くバイアスです。
事実としての事柄と、その事柄に直面した際に抱いた負の感情を深く結び付けて記憶し、
「悔しくて仕方ない」「絶対に許さない」などと、長期間に渡って記憶し続けます。

具体的な方策を示す事は出来ませんが、記憶する事が大切な技能であるのと同様に、忘却する事や記憶しない事も非常に大切な技能という事だけは間違いありません。


サイト関連書籍(amazon)

心理学辞典個別リンク

あ行
「遊び」 「甘え」 「いじめ」 「後知恵」 「アニミズム」 「援助要請行動」 「愛他的行動」 「因果的思考」 「エレクトラコンプレックス」 「暗黙知」 「言い訳」 「アパシー」
か行
「コンフリクト」 「学習性無力感」 「快楽原則」 「孤独」 「攻撃性」
さ行
「心的飽和」 「ステレオタイプ」 「ジョハリの窓」 「自己開示」 「セルフコントロール」 「自己評価」 「仕事中毒」 「職務満足」 「自己実現」 「組織」 「集団同一視」 「自己契約」 「セルフハンディキャッピング」 「自己決定感」 「失敗回避欲求」 「嫉妬」 「集団規範」 「心理的時間」 「社会的手抜き」 「心理社会的モラトリアム」 「社会的ジレンマ」 「ジェンダースキーマ」 「心理的離乳」 「成長」 「世間体」 「スケープゴート」 「セルフモニタリング」
た行
「動機付け」 「第一印象」 「統制の所在」 「トラウマ」 「タイプA行動パターン」 「対人距離」 「展望記憶」 「特殊飢餓」 「対比」 「態度」 「対人不安」 「耐性」
は行
「ハロー効果/寛大効果」 「プラトー」 「プラセボ効果」 「バーンアウト」 「表情」 「不安」 「ピグマリオン効果」 「疲労」 「フェティシズム」 「ヒューマンエラー」
な行
「認知スタイル」 「ニコチン依存」
ま行
「目標」 「模倣」 「無意識」 「マッチング原理」 「メンター」
ら行
「レディネス」 「リアクタンス」 「恋愛」 「リテラシー」 「ライフスタイル」 「ラポール」 「類推」 「流言」

若手社員の心理学辞典

他の心理学キーワード

心的飽和・遊び・甘え

動機付け・ステレオタイプ・コンフリクト

ジョハリの窓・自己開示・セルフコントロール

自己評価・仕事中毒・目標

ハロー効果/寛大効果・職務満足・自己実現

組織・第一印象・いじめ

自己決定感・失敗回避要求・後知恵

嫉妬・集団規範・表情

不安・統制の所在・援助要請行動

愛他的行動・外傷体験(トラウマ)・快楽原則

心理的時間・リアクタンス・社会的手抜き

ピグマリオン効果・恋愛・リテラシー

プラトー ・プラセボ(偽薬)効果・集団同一視

学習性無力感・自己契約・セルフハンディキャッピング

因果的思考・模倣・心理社会的モラトリアム

ライフスタイル・タイプA行動パターン・社会的ジレンマ

ジェンダースキーマ・ラポール・対人距離

類推・心理的離乳・展望記憶

レディネス・アニミズム・バーンアウト

疲労・エレクトラコンプレックス・特殊飢餓

暗黙知・フェティシズム・言い訳

対比・流言・態度

対人不安・ヒューマンエラー・孤独

無意識・耐性・攻撃性

マッチング原理・成長・世間体

感情移入・気分・被害妄想

非言語コミュ・反社会行動・バンドワゴン

メンター・アパシー・スケープゴート

認知スタイル・ニコチン依存・モニタリング

結婚・役割り・受容(家庭生活)

Copyright© 若手社員の心理術・処世術・心理学辞典, All Rights Reserved