「動機付け」「ステレオタイプ」「コンフリクト」/若手社員の心理学辞典

人の心の傾向を理解して自らを戒め、上手に立ち回る

ホーム  l  このサイトについて  l  サイトマップ  l  お問い合わせ  l  リンク
心理学辞典トップ    心理術トップ    処世術トップ

「動機付け」・「ステレオタイプ」・「コンフリクト」

ステレオタイプ stereotype

概要

集団の構成員全般に対し、過剰に画一的な役割りや期待を割り当てること。
一般的に『偏見』は、否定的な思い込みや感情に限定していますが、『ステレオタイプ』は肯定的な思い込みをも含むとされています。
「○○をする人は□□な人」「○○は△△であるべき」といった具合に、根拠が薄弱にも関わらず、それをさも事実として思い込んでしまう事全般を差します。

取り上げた理由

仕事における様々なステレオタイプ(先入観)は知らぬ間に根付いていきます。
そして、さも事実であるかのごとく定着し、その後の行動を著しく制限してしまいます。

人に対して作り上げてしまったマイナスの『ステレオタイプ』は人間関係を構築・継続する上で非常に厄介なものとなり、拒絶や叱責によって傷つく事を予防しようと思う余りに、言うべき事(営業職なら売り込みの最後の一押し)を言うべきタイミングで言えなくなってしまいます。

ほんの少しの具体例や他人の話を鵜呑みにした結果勝手に作り上げた『ステレオタイプ』は、その後の活動範囲や活動内容を大きく制限してしまいます。
若手社員こそ気をつけないといけない事柄です。

動機付け motivation

概要

行動に駆り立てる何かしらの理由を与えて持続させる事。
一般的に『行動』は、何らしかの欲求を満たすための活動とされ、『欲求』は行動の直接的な推進力とされています。
仕事上では、「報酬」「強制」「叱責」「承認」「貢献」「帰属」「自己有用感」「自己有益感」「自己実現」「自己表現」・・・・・などが挙げられています。

取り上げた理由

会社の人事管理制度の本質的な目的は、「社員の力を最大限に引き出して最大限の成果を得る」事になります。
産業・組織心理学上の大きなトピックとして注目を浴びる『動機付け』では、自分の内側から湧き上がる意欲(『内発的動機』)こそが、持続性や効果の面から最上のものとされています。

「なんとなくやる気がでない時」「スランプの時期」は誰にでもあり、それが無ければどこかネジが緩んだ人と言え、その後の大きな成長も見込めません。
そんな時期に居る自分を奮い立たせ、なるべく早期にやる気を復活させる事が若手社員に限らず全ての働く人にとっての大切な要素となります。

年齢とともに他人への動機付け技術が必要になりますが、まずは自分自身をやる気にさせる要因が何なのかを意識・確認する事から始め、序々に自分をコントロールする技術を身に付けていく必要があります。

コンフリクト conflict

概要

「葛藤」「抗争」の事。複数の要求が同じ強度で同時に存在し、どの要求に応じた行動をとるかの選択ができずにいる状態とされています。
「何かをしたくないがしないといけない」「これもしたいがあれもしたい」など、どちらを選択するのかを迷い続けている状態などです。
この『コンフリクト』が、『フラストレーション』(欲求不満)の源泉とされ、「その場から逃げる」「忘れる」「別の考え方に移行する」などで対処しています。

取り上げた理由

過度のストレスが心身に悪影響を与える事を知らない人は居ないはずですが、どんな時にストレス因子が生成されるのかを意識している人は少ないはずです。

「怒鳴りたいけど怒鳴れない」「辞めたいけど辞められない」「帰りたいけど帰れない」・・。
何らかの希望や欲求を抱き、それを実現できない状態に居続ける状態がフラストレーション状態(欲求不満状態)で、その源泉の一つが『コンフリクト』とされています。
欲求が実現できない(「逃げ出して心地良い環境に身を置きたい」etc)事が日常化する事でストレスが序々に蓄積していき、やがて飽和量を超えた時に深刻な心身の障害を生み出します。

20代・30代社員の『心の病気』が増大しています。企業や行政はこれらの問題に目を向けて頑張ってくれてはいますが、やはり自分を守るのは自分です。
ストレスに連なるメカニズムを理解する事は自分の身を守る事に直結します。


心理学辞典個別リンク

あ行
「遊び」 「甘え」 「いじめ」 「後知恵」 「アニミズム」 「援助要請行動」 「愛他的行動」 「因果的思考」 「エレクトラコンプレックス」 「暗黙知」 「言い訳」 「アパシー」
か行
「コンフリクト」 「学習性無力感」 「快楽原則」 「孤独」 「攻撃性」 「感情移入」 「気分」
さ行
「心的飽和」 「ステレオタイプ」 「ジョハリの窓」 「自己開示」 「セルフコントロール」 「自己評価」 「仕事中毒」 「職務満足」 「自己実現」 「組織」 「集団同一視」 「自己契約」 「セルフハンディキャッピング」 「自己決定感」 「失敗回避欲求」 「嫉妬」 「集団規範」 「心理的時間」 「社会的手抜き」 「心理社会的モラトリアム」 「社会的ジレンマ」 「ジェンダースキーマ」 「心理的離乳」 「成長」 「世間体」 「スケープゴート」 「セルフモニタリング」
た行
「動機付け」 「第一印象」 「統制の所在」 「トラウマ」 「タイプA行動パターン」 「対人距離」 「展望記憶」 「特殊飢餓」 「対比」 「態度」 「対人不安」 「耐性」
な行
「認知スタイル」 「ニコチン依存」
は行
「ハロー効果/寛大効果」 「プラトー」 「プラセボ効果」 「バーンアウト」 「表情」 「不安」 「ピグマリオン効果」 「疲労」 「フェティシズム」 「ヒューマンエラー」 「被害妄想」 「バンドワゴン効果」 「非言語的コミュニケーション」 「反社会的行動」
ま行
「目標」 「模倣」 「無意識」 「マッチング原理」 「メンター」
ら行
「レディネス」 「リアクタンス」 「恋愛」 「リテラシー」 「ライフスタイル」 「ラポール」 「類推」 「流言」

サイト関連書籍(amazon)

若手社員の心理学辞典

他の心理学キーワード

心的飽和・遊び・甘え

ジョハリの窓・自己開示・セルフコントロール

自己評価・仕事中毒・目標

ハロー効果/寛大効果・職務満足・自己実現

組織・第一印象・いじめ 

自己決定感・失敗回避要求・後知恵

嫉妬・集団規範・表情

不安・統制の所在・援助要請行動

愛他的行動・外傷体験(トラウマ)・快楽原則

心理的時間・リアクタンス・社会的手抜き

ピグマリオン効果・恋愛・リテラシー

プラトー ・プラセボ(偽薬)効果・集団同一視

学習性無力感・自己契約・セルフハンディキャッピング

因果的思考・模倣・心理社会的モラトリアム

ライフスタイル・タイプA行動パターン・社会的ジレンマ

ジェンダースキーマ・ラポール・対人距離

類推・心理的離乳・展望記憶

レディネス・アニミズム・バーンアウト

疲労・エレクトラコンプレックス・特殊飢餓

暗黙知・フェティシズム・言い訳

対比・流言・態度

対人不安・ヒューマンエラー・孤独

無意識・耐性・攻撃性

マッチング原理・成長・世間体

感情移入・気分・被害妄想

非言語コミュ・反社会行動・バンドワゴン

メンター・アパシー・スケープゴート

認知スタイル・ニコチン依存・モニタリング

Copyright© 若手社員の心理術・処世術・心理学辞典, All Rights Reserved